オーストラリア観光ビザ(ETA)

投稿日:

オーストラリア旅行には観光ビザ(ETA)の申請が必要です。

オーストラリア観光ビザETA

ETAとは?

オーストラリアの観光ビザ、ETAとは、ELECTRIC TRAVEL AUTHORITYの略称です。3ヶ月以内の観光やビジネストリップなどに適用される「電子旅行許可システム」のことを指します。あらかじめ旅行者の情報をオーストラリア移民局のコンピューターに送り、問題がなければ登録されます。オーストラリア行きの飛行機にチェックインする際は必ずこのETAを持っているかチェックされます。とはいえETAは一般的にイメージされるような、パスポートにシールやスタンプが貼られているものではなく、全てコンピューター上で管理されていますので、紙などに印刷して持って行く必要はありません。

申請方法

ETAはオーストラリア大使館・領事館で申請・取得するものではありません。申請方法は以下の通りです。

オーストラリア政府移民局から申請

オーストラリアの移民局サイトから直接申請できます。公式サイトなので安心感はあります。ETAの申請手数料は無料ですが、「システム利用料金」として20ドルかかります。
申請はこちらから

日本の旅行会社を通して申請

日本の旅行会社を通してパッケージツアーを申し込む時にETAの申請をあわせてお願いすることもできますが、所定の手数料が必要になります。手数料は各旅行会社によって違いますが、自分で申請するよりも高いことが多く、あまりおすすめはしません。

ETA登録代行業者に依頼

ETA登録代行業者に依頼する場合、申請から支払いまで全ての手続きがインターネット上で行える場合がほとんどです。これらの代行業者の「登録代行手数料」はオーストラリア政府移民局の「システム利用料金」よりも安く済む場合が多く、1000円前後で代行している会社が多く見られます。また、団体割引なども適用している場合もありますので、家族旅行や友達との旅行の際にはこちらの方法がお得です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter